【先取り貯金と目的別貯金のやり方】おすすめの銀行は?

 
人間というのは基本的に自分に甘いので…笑、「余ったら貯金」というスタイルだと、なかなか「貯金体質の家計」にはなりません。
貯金体質の家計にするためには「先に貯金(先取り貯金)をして残ったお金で生活をする」というスタイルに切り替えることがポイントとなります。
 
そして、節約や貯金を頑張っているときの最大のストレスは「予定外の出費」ではないでしょうか?
これについては「目的別貯金」という方法を取り入れることで解決できます。
 
ということで、今回はストレスなく貯金体質の家計になるための「先取り貯金」と「目的別貯金」についてご紹介いたします♡

スポンサーリンク
広告

先取り貯金

わが家は手取り月収50万円のうち、毎月15万円を「先取り貯金(貯蓄)」しています。
※利回りの良い保険商品での貯蓄も含みます

「残ったら貯金」というスタイルに比べて、「お給料が振り込まれたら強制的に貯金をする」スタイルの方が、確実に決まった金額を貯めることができます。

ポイントは、生活費を管理する口座とは別に「専用の口座」を作ること

住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」は、毎月1万円から手数料無料で、給与受け取りをしている銀行口座から自動でお金を移動することができるのでおすすめです。  

目的別貯金

「目的別貯金」とは、帰省費や冠婚葬祭などにかかる費用を毎月少しずつ貯めておくことで、急な出費があっても家計に打撃を与えない貯金方法です。
 
わが家の目的別貯金は現在このようになっています。
 
NHK受信料 2,000円
2,000円×12ヶ月=24,000円
 
わが家は衛星放送を受信できるテレビなので、12ヶ月前払いで年間24,770円(クレジット払い)です。
 
2ヶ月払いより年間1,990円お安いので、もし現在2ヶ月払いをされていらっしゃる場合は、年払い(口座振替またはクレジット払い)に変更されると料金を抑えることができます。
 
↓↓詳しくはこちら↓↓
 
 
冠婚葬祭費 3,000円
3,000円×12ヶ月=36,000円 
冠婚葬祭のための積み立てです。
 
夫婦の年齢的に、結婚のご祝儀を包むことはほぼなくなったので、積み立て額を減らしましたが、出産のお祝いなどはここから出しています。
 
旅行費 10,000円
10,000円×12ヶ月=120,000円
 
年に2回、関東圏(伊豆や那須など)に旅行に行くための積み立てです。
思い出はプライスレス!日々の仕事の励みにもなります。

帰省費 10,000円
10,000円×12ヶ月=120,000円
 
夫も私も実家が遠方のため、以前は帰省費が1回に8万円ほどかかっていました。
しかし、陸マイラーの特ワザを利用し始めてから、1回6万円ほどになったので、年2回の帰省も可能になりました。

目的別貯金をラクに続ける方法

目的別貯金を続けるポイントは目的ごとに口座を分けて管理しておくこと
とはいっても、いくつもの口座を作って管理するのは大変ですよね。
 
住信SBIネット銀行の「目的別口座」は、1口座につき5つまで目的別貯金を行うことができ、管理がとても簡単なのでおすすめです。
 
わが家の場合、NHK受信料・冠婚葬祭費・旅行費・帰省費の4つに分けていますが、各項目ごとの残高が一目瞭然なので、例えば「冠婚葬祭費はプール金がある程度貯まったし、来月から積立額を減らして、その分旅行費の積立額を増やそうかな」というような確認も簡単にできます。
また、セブン銀行であれば7:00~19:00まで手数料無料で出金できるので、急に冠婚葬祭のお金を用立てなきゃいけない…!なんていう時などにもすぐに対応することができます♡
 
 
以上の理由から私は住信SBIネット銀行の「目的別口座」を利用していますが、「通帳で管理したい」という方であれば、例えばゆうちょ銀行でご家族分の名義の通帳を作って、「夫名義→NHK受信料の積み立て用」「自分名義→冠婚葬祭費の積み立て用」「子ども名義→旅行費の積み立て用」という風に管理する方法もあります。
 
続けやすいスタイルを見つけることが長く続ける秘訣だと思うので、自分に合ったスタイルで「先取り貯金」と「目的別貯金」にチャレンジしてみてください♡
 
 
 
 
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする