【日用品・消耗品の節約方法】プライベートブランドの活用

わが家の日用品(消耗品)の予算は月15,000円(子ども関連10,000円+その他5,000円)です。
 
子ども関連は保育園に毎月持参する物も含めて多めに予算を取っているので、あまり参考にならないかもしれないため、今回はトイレットペーパーなどの日用品(消耗品)の節約方法に焦点をあててご紹介いたします。
 
スポンサーリンク
広告

プライベートブランドを活用する

日用品は大手メーカーの商品より「イトーヨーカ堂」 や「SEIYU」などが出しているプライベートブランドの方が断然お買い得です! 
イトーヨーカ堂」 や「SEIYU」はネットスーパーを利用できるので、通勤時間やお昼休みにスマホから注文して、帰宅後に受け取ることも可能なので働くママにおすすめ♡
 
私は1ヶ月に1度、SEIYUネットスーパーでまとめ買いをしています。
トイレットペーパーやティッシュペーパーは、近所のドラックストアの安売り価格と同じくらいです。
 
 
お風呂用洗剤(つめかえ用)や食品用ラップは、近所のドラックストアの安売りより安いです。
 
 
 
キッチンペーパーや使い捨てマスクなどもプライベートブランドの商品は安くて質も悪くないので愛用しています。
 
 
SEIYUネットスーパーは5,000円以上から送料無料なので少しハードルが高いのがマイナスポイントですが、私はお米や紙おむつなどと一緒に購入しています。
 
紙おむつ(パンパース/Lサイズ/パンツ)は、私の知る限りではAmazonプライムの定期購入の次に安いです。
 
お米も有名銘柄が5kg2,000円以下で購入できます。
 

必要な物だけ購入!買い置きは必要最低限しかしない

日用品や消耗品の節約のポイントは「必要最低限しか購入しない」こと。
プライベートブランドは基本的に値段の変動はほぼ無いので、いつ購入しても同じです。
 
私の場合、「そろそろ無くなりそうだな〜」という物をスマホのメモ帳にピックアップして、月に1度まとめてSEIYUのネットスーパーで注文しています。
 
結婚当初は「安いから」と買いだめしていたこともありますが、必要な時に必要な物を購入する方法に変えてからの方が、無駄遣いは減りました。
 

日用品の節約より固定費削減を検討する方が効果的

ここまで日用品や消耗品の節約についてご紹介いたしましたが、私は「大手メーカーの商品からプライベートブランドの商品に変更」という、無理せず続けられることしかしていません。

ティッシュペーパーを半分に切って…とか、ポストに入っているチラシをキッチンペーパーに再利用…など涙ぐましい努力をしても、年間1万円節約できればいいな〜というレベル。

こうした「変動費」の節約に必死になるより、住宅費や保険、携帯電話代などの「固定費」を見直す方が節約には効果的です。
ちょっと固定費を見直すだけで、「年間1万円の節約」から「年間数十万円の節約」が可能になります。
 
固定費の節約については順次ご紹介いたしますね♡ 
 
 
 

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする