グッズ準備だけではない!保育園入園前にやるべき5つのこと

保育園の入園が決まると、保育園グッズの準備や書類の準備などで慌ただしい毎日となります。

無事に保育園の入園が決まった皆様、おめでとうございます♡ 今は不安と期待が入り混じる毎日だと思います。 慣れるまではママも...

しかし、入園前にやっておくべきことは他にもあります。
今回は、私の経験上「入園前にやっておけば良かった」ということも含めて、「保育園入園前にやるべきこと」を5つご紹介いたします♡

スポンサーリンク
広告

病児保育の登録

子どもは頻繁に体調を崩します。
特に保育園に入園して1年ほどは、急な発熱や感染症で毎月のように保育園から呼び出しの電話がかかっていました。

夫婦で協力しながら早退や欠勤を調整し、自宅で看病してあげることができれば良いのですが、会社員として働く立場としては連続して何日もお休みをいただくことは難しいですよね…。

そんな時、病気や怪我で通園・通学できない子どもを預かってくださる「病児保育」を利用します。
地域によっては”病児保育”と”病後児保育”を分けているところもありますが、病児保育は小児科や医療施設に併設され、医師や看護師の指導のもと、保育士が子どもを預かってくださいます。

お住まいの地域の病児保育施設を確認

”○○(お住まいの地域名) 病児保育”で検索していただくと、地域の病児保育室一覧がご覧いただけると思いますが、正直どの自治体も施設数は少ないです。
また、体調の悪い子どもを預かるわけなので、保育士1人あたり2名前後の保育としているところが多く、定員数もわずかです。
感染症の場合は隔離された専用の個室で保育士と過ごすため、特に定員数に限りがあります。

朝突然発熱し「今日は大事な会議があるから休めない!病児保育で預かっていただこう!」と思って電話をしても、定員オーバーで断られることもあります。

ですので、お住まいの地域にある病児保育の施設は、全て登録しておいた方が無難です。
わが家は、徒歩で行ける施設と、タクシーを使って行く距離にある施設、全てに登録しています。

登録方法や利用方法などを確認

登録方法に関しては、役所で登録手続きをする自治体・各保育室で個別に登録手続きをする自治体など、自治体によって異なります。
利用料金・預かり時間・当日の流れなども自治体や保育室によって異なりますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

指定の予防接種を受けていない場合は登録ができないこともあります。
指定の予防接種を受けているか、確認しておきましょう。

病児保育の登録は年度ごとの更新制となっているところもあるため、更新手続きも忘れないようにしましょう。

かかりつけ病院の診察時間の確認とリストアップ

小さい子どもをお持ちの方であれば、予防接種や体調不良などでお世話になっている「かかりつけ医」がいらっしゃると思います。

病院によっては「土日休診・平日17時まで」というところもあり、平日フルタイムで働くママには通院が難しい場合もあります。
保育園のお迎え後、または土日に通院することができるか確認しておきましょう。

現在の「かかりつけ医」に通うことが難しい場合、診療時間が長い病院や土日診療を行っている病院を探し、「かかりつけ医」を変える検討も必要になります。
初診の場合は電話予約ができないことがあるので、入園前に初診を済ませ、診察券を発行しておいていただくと良いでしょう。

わが家の場合、「小児科」「耳鼻科」「皮膚科」「歯科」は基本的に決まった病院に行っているのですが、特に持病がない場合、この4つの科に「かかりつけ医」がいれば安心して保育園生活を送ることができると思います♡

小児科

予防接種や体調不良の際に受診しています。

耳鼻科

寒くなってくると”鼻かぜ”(くしゃみや鼻水が出る程度の軽い風邪)をひくことが増えますが、「小児科を受診して他の病気(インフルエンザなど)をもらうと困るし…。」と悩んでいたところ、保育園の先生に耳鼻科を勧められました。それ以来、鼻かぜの場合は耳鼻科にお世話になっています。

皮膚科

うちの息子の場合、アレルギーなどはありませんが乾燥しやすい肌質なので、定期的に保湿剤を処方していただいています。小児科で処方していただくことも可能ですが、感染病などをもらう可能性があるため、保湿剤の処方は皮膚科でしていただいています。

歯科

保育園でも定期的に歯科検診が行われていますが、虫歯予防のため、数ヶ月に1度、歯科検診とフッ素をしていただいています。

災害時の避難場所の確認とシミュレーション

大地震などの災害時に避難する「一時避難場所」について、保育園の入園説明会で説明があります。
近くの小学校や中学校などを指定しているところが多いと思いますが、地図を見るだけではなく、ご夫婦で現地までの道のりを実際に確認しておかれることをおすすめいたします。
病児保育室も施設ごとに避難場所を指定しているため、そちらの確認もしておきましょう。
 
また、災害時はどちらが子どもをお迎えに行くのか?どうやって連絡を取り合うのか?など、日中家族がバラバラに生活している共働き夫婦だからこそ、いざという時のシミュレーションや話し合いは大切です。
 
毎月1日と15日には「災害用伝言ダイヤル(171)」の体験利用ができます。
ご夫婦で体験利用をし、「災害用伝言ダイヤル」を電話帳に登録しておくと良いと思います。

書類の管理と夫婦間の情報共有

保育園は入園関係の書類に始まり、毎月のおたよりなど、書類で管理するものが多くなります。
 
わが家は保育園関連の書類やお手紙はスマホで撮影し、夫とはLINEで情報共有しています。
最近は便利な書類共有アプリもたくさんありますが、LINEのアルバム機能を使って”保育園~書類~”というアルバムを作り、そこに撮影した書類をアップしたら、重要書類意外は破棄し、スマホの写真フォルダからも削除しています。

何か確認をしたい時に「あの書類どこだったかな?」といちいちファイルを取り出して探す必要がなく、通勤時間や休憩時間などにサッと調べることができるのが、スマホで書類を管理するメリットです。
また、万が一どちらかのスマホが壊れたりしてLINEにログインできなくなってしまっても、相手のスマホにデータが残っているのでデータを復活させることが可能です。

通勤バッグに入るスリムな母子手帳ケースの準備

仕事を始めるまでは、大き目のマザーバッグに自分の荷物と子どものオムツや母子手帳ケースなどを入れていましたが、保育園と仕事が始まると、保育園バッグと自分のバッグが別々になるため、自分のバッグの中身が自分の物だけになっていた…ということが何度かありました。
 
子どもの急な発熱で、仕事中に保育園から「お迎えに来てください」と電話があり、急いで仕事を切り上げお迎えに行ったものの、保険証や乳幼児医療証(マル乳医療証)を自宅に忘れてすぐに病院に行けず、一旦帰宅することに…。
 
その後、スリムな母子手帳ケースを購入し、母子手帳・保険証・乳幼児医療証・お薬手帳・かかりつけ医の診察券を入れて、通勤バッグに常に入れるようになりました。
 
入園後しばらくは体調を崩しやすいので、万が一の呼び出しに備えて、毎日保険証などを持って通勤されることをおすすめいたします。
 
私はこのシリーズを愛用しています♡ 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポエティック 母子手帳ケース L(ゾウ)
価格:1510円(税込、送料別) (2018/3/19時点)

 


以上、「保育園入園前にやるべき5つのこと」のご紹介でした。
慌ただしい毎日かと思いますが、安心して保育園生活をスタートできるように、しっかり準備しておきましょう♡
 
 
 
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする