【失業中の副業】在宅で稼ぐ!主婦のお小遣い稼ぎ②

3月いっぱいで退職し、現在転職活動中のhanaです。こんにちは♡
前回の記事では【アドボンバー】を利用して簡単に2万円稼ぐ方法をご紹介いたしました。

3月いっぱいで退職し、現在転職活動中のhanaです。こんにちは♡ 最近はハローワークやネットで求人検索をしたりしつつ、家中の細かい...

今回は肩こりや慢性疲労など体の不調を改善しながらさらにお小遣い稼ぎまでできてしまう方法をご紹介いたします♡

スポンサーリンク
広告

マッサージを受けてお小遣いを稼ぐ方法をご紹介!

前職では8割以上がデスクワークだったため、慢性的な肩こり、そして猫背の悪化に悩んでいました。
「失業中だからこそ体のメンテナンスをしっかりしよう!」と思い、【げん玉】というポイントサイトを経由して【EPARKからだリフレ】に掲載中の整体院を予約しました。

現在【げん玉】を経由して【EPARKからだリフレ】に掲載中の整体院を予約すると、6,000円相当のポイントがもらえます♡
※現在は5,500円相当のポイントになっています(2018年4月17日現在)

独身時代、立ちっぱなしのお仕事をしていた時も足のむくみに悩んでいましたが、私の場合、デスクワークの方が慢性的な足のむくみに悩まされていました。
入浴時に自分でマッサージしていましたがなかなか改善されず…。しかし、整体院の施術では1回でしっかりと効果を感じました♡

保険適用外なので3,500円お支払いしましたが、約1ヶ月後に【げん玉】に6,000円分のポイントが付与されるので、実質無料+2,500円のお小遣いがいただけます…!!♡

 

別の日は接骨院で猫背矯正を初体験♡
もともとの姿勢の悪さに加えて、デスクワークで猫背が悪化していましたが、1回で驚くほど改善されました。

こちらも保険適用外なので4,000円お支払いしましたが、約1ヶ月後に【げん玉】に6,000円分のポイントが付与されるので、実質無料+2,000円のお小遣いがいただけます…!!♡

そして、以前から気になっていた酸素カプセルを初体験♡

こちらも保険適用外+初診料がかかり計3,000円お支払いしましたが、約1ヶ月後に【げん玉】に6,000円分のポイントが付与されるので、実質無料+3,000円のお小遣いがいただけます…!!♡

ご紹介した3つのコースを受けただけで、合計7,500円の収入を得ることができました♡
しかも、実質無料で猫背や足のむくみを治していただけ、酸素カプセルでリフレッシュして溜まった疲れを取り除くことまででき、体調がとても良いです。

げん玉は4年ほど前に私が1番最初に登録した老舗ポイントサイトなので安心して利用できます♡
こちら↓のバナーから無料で登録できます♡

副業の注意点①〜確定申告〜

今回ご紹介した方法で得る収入は「雑所得」となります。

会社員・パート・アルバイトなど本業のある方が副業として「雑所得」を得る場合、所得金額が年間20万円以上になると確定申告が必要となります。
専業主婦が副業として「雑所得」を得る場合、所得金額が年間38万円以上になると確定申告が必要となります。

ちなみに【所得】とは【収入 – 必要経費】なので、例えば「年間30万円稼いだけど、副業のために15万円のパソコンを購入した」という場合は所得は15万円になるので確定申告は必要ありません。
インターネット回線や携帯電話代などの一部も必要経費として認められるので、毎月2万円以上のペースで副業収入を得ているかたは「必要経費」となりそうなものの領収書などをしっかり取っておきましょう♡

副業の注意点②〜失業保険〜

失業保険を受給している間はアルバイトを含めて働くことができません。

今回ご紹介したような方法で得る収入に関しては、給付額に近いほどの金額を稼がない限り基本的に大丈夫ですが、稼いだ金額に関しては必ず申告が必要で、稼いだ金額に応じで給付額は減額されます。
でも、できるなら仕事が決まるまでは満額受け取りたいですよね…。

そこで、税理士さんに教えていただいた裏技をご紹介いたします♡
今回ご紹介したアドボンバー(マイボンバー)やポイントサイトなどで得たポイントは「現金」や「金券(Amazonギフト券やTポイントなど)」に交換した時点で「収入」としてみなされるそうです。

つまり、失業保険を受給している間は現金や金券に交換せず、新しいお仕事が決まってから交換(換金手続き)をすれば良いとのこと。
もちろん交換(換金)した金額から必要経費を引いて年間20万円以上になる場合は年度末に確定申告が必要ですが、受給期間中に「収入」が無ければ失業給付金を減額されることはありません。

すぐに現金が必要な場合を除いては、交換は焦らない方が良いようです♡

また、ポイントサイトなどは近年急速に広がっており、お役所の方や税理士さんの中でも見解が異なることがあるようですので、必ずご自身でハローワークの窓口・税務署でご確認くださいね♡

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする