【バッグの中身を全公開】荷物は最小限!子連れ旅行の持ち物リスト

先日、夫の単身赴任先近くの観光地へ、2泊3日の旅行に行ってきました♡

往復の移動は基本的に私と息子、2人きり。
2歳の息子はまだお昼寝もしますし、疲れたら抱っこをおねだりすることも多々あるため、ベビーカーは必須です。
1人でベビーカーを押しながらキャリーケースを引くのはキツイので、荷物は出来るだけ最小限にしました。

このくらいの量であれば、現在愛用している軽量ベビーカーのカゴやフックを利用して、女性1人でも幼児と一緒にストレスなく移動することが可能です♡

愛用しているセカンドベビーカーは、アップリカのマジカルエアー♡
3kgととても軽量なのに、カゴには荷物がたっぷり入ります。

 

ということで、今回は2泊3日の子連れ旅行のバッグの中身を全て大公開いたします♡

スポンサーリンク
広告

子ども用お泊まりセット

まずは子ども用のお泊まりセットからご紹介いたします♡

ジッパー付きビニール袋①

着替え(Tシャツ・ズボン・肌着・靴下)を2セット。
1セットは2日目に着ますが、もう1セットは汚れてしまった時用の予備です。
1日目に着ていた物をホテルのコインランドリーでお洗濯し、3日目に着用しました。

ジッパー付きビニール袋②

紙おむつ8枚。
子ども用リュックなどに入っている紙おむつと合わせて、2泊3日で計13枚ですが、枚数はトイレトレーニングなどの進捗状況によっても大きく変わると思います。

割高ですが、足りなければコンビニや百貨店のベビー休憩室などで1〜2枚単位で購入することも可能なので、嵩張る紙おむつは必要最小限の枚数にしました。

洗濯ネット①

おやすみセット(パジャマ・紙おむつ2枚・歯磨きセット・保湿クリーム)。
ホテルによっては子ども用のパジャマやアメニティを用意してくださるところもあるのですが、今回は持参しました。

移動時の時間潰しグッズ

今回は片道計5時間以上と長時間の移動だったので、電車や新幹線の中で静かに過ごせるように玩具も持参しました♡

手提げバッグ

大きな音をたてずに遊べる、お絵描きボード・色塗りセット・折り紙・紐通し・ボタン付け外し(手作り)・記憶カード(手作り)・電車系のおもちゃを持参しました。

こちらの手提げバッグは、ひよこクラブの全員プレゼントでいただいた物。

新幹線の壁フックにかけておけば、子どもが退屈し始めたらすぐに取れるので便利です♡

ママ用お泊まりセット

荷物を最小限にするため、事前に宿泊先のホテルのホームページでアメニティについて確認しておきます。
今回宿泊したホテルは、大人のパジャマやシャンプー等が用意されていたので、私の荷物は本当に必要最低限の内容となっています。

洗濯ネット②

下着1組・洋服の着替え1組。
2泊以上する場合、コインランドリーで1日目のお洋服や下着はお洗濯をして3日目に着ています。

ホテルに着いたらシワになりやすいトップスなどはハンガーにかけ、洗濯ネットはお洗濯に利用しているのですが、パッキングにも活用できます♡

ビニールポーチ

基礎化粧品・おりものシート。
基礎化粧品はサンプルでいただいた物やトライアルサイズの商品が嵩張らないので便利です♡

メイクポーチ

メイクグッズ・日焼け止め。
リキッドファンデーションや日焼け止めもサンプルでいただいた物やトライアルサイズの商品を旅行時に活用しています♡

その他

子連れで旅行する際に絶対忘れてはいけない物が、母子手帳・健康保険証・乳児医療証。
子どもはちょっとした変化ですぐに体調を崩してしまうので、国内旅行の場合はすぐに医療機関にかかれるように上記3点は絶対に忘れないように注意しています。

その他、サッと取り出したい物などは1つのポーチにまとめています。

手提げポーチ

母子手帳ケース(母子手帳・健康保険証・乳児医療証など)・御朱印帳・スマホ用充電器など。
御朱印集めをしているので、旅行時は御朱印帳も持参しています。

こちらのポーチも、ひよこクラブの全員プレゼントでいただいた物。本来はオムツポーチですが、多少はっ水機能もあるようなので濡れると困る物を入れるのに重宝しています。

たまごクラブ・ひよこクラブには素敵な全員プレゼントがたくさん♡
現在募集中のプレゼント・キャンペーン

母子手帳ケースはこちらを愛用中♡

 

旅行にも使える大容量バッグ

今回旅行に使ったバッグは普段保育園バッグとして使っているこちらの布バッグ♡

 

無料で子どもの名前などを英字でプリントしていただけるので、ママ友にも「かわいい♡」と好評のバッグ。
洗濯機でジャブジャブ洗えますし、とにかくたっぷり入るので、保育園バッグとしてだけでなく今回のような旅行にも活躍してくれます♡

普段のお出掛けグッズ

最後に普段のお出掛けグッズのご紹介ですが、こちらはいつものお出掛けとほぼ同じです♡

子ども用リュック

紙おむつ(2〜3枚)・おしりふき・ポケットティッシュ・ゴミ袋。
背中に面する方に紙おむつを入れてクッション性を出すことで、少しでも背負い心地が良くなるようにしています♡

ママ用ハンドバッグ

●ハンカチ
●ティッシュ
●お財布(お札・クレジットカード・免許証など)
●小銭入れ(小銭・Suica・新幹線のチケット)
●ポーチ①(歯磨きセット・ハンドクリーム・リップクリーム・目薬・常備薬・簡易スマホ充電グッズ)
●ポーチ②(子ども用食事セット/スタイ・エジソンのお箸・清浄綿・アルコール消毒)
●鍵

最近はロンシャンの1番小さなサイズの手提げバッグを愛用しているのですが、このくらいの荷物であればまだ余裕があります♡

ポケットが1つしかないのが難点ですが、軽くて使いやすいですし、オーダーバッグはあまり人と被らないので、ママバッグとしてもオススメです♡

まとめ

子連れ旅行で公共の交通機関を利用する場合、荷物は最小限に抑えたいですよね。

例えば、ホテルでのコインランドリー利用は節約できるポイントではありますが、数百円で大量の着替えを持ち運ぶストレスを軽減できますし、旅行時(非日常時)に関しては「現地調達できる物は現地で購入」という考えでも良いと思っています。

ちなみに、飲み物やお弁当は重たい上に嵩張るので、私はいつも乗り物に乗る直前に新幹線の駅構内や空港のお店で購入しています。
節約のためには近所のスーパーで安い物を買ったり、おにぎり程度は自宅で作った方が安くあがりますが、移動時のストレスを最小限にするため、これも”旅行代”の一部だと考えています。

年に数回の旅行中くらいは、お金のことを考え過ぎずにリフレッシュできるよう、これからも旅行用の積立貯金や普段の節約を頑張りたいと思います♡

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする