【保存版】最大50%オフ!!新幹線に安く乗る方法

旅行や帰省などで国内を長距離移動する際の交通手段は、車・飛行機・新幹線・フェリー・高速バスなどたくさんありますが、今回は新幹線に焦点を当て、よりお得に新幹線に乗車する方法をご紹介いたします♡

以前の私は、直前ならチケットショップ、ホテルと一緒に事前に予約をするなら日本旅行やJTBのパッケージツアーを利用していました。
ビジネスホテルに宿泊するのであれば旅行会社のパッケージツアーもお得ですが、新幹線のみを予約したい場合はチケットショップより何倍もお得です。

新幹線で旅行や帰省の予定がある方は、ぜひ最後までご覧ください♡

スポンサーリンク
広告

東北・山形・秋田・北海道新幹線

まずは東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線をお得に利用する方法をご紹介いたします。

近場の家族旅行で1回8,000円以上お得に!

昨年、家族旅行で那須に行った際、東京駅⇔那須塩原駅間は新幹線を利用しました。

通常、片道(普通車指定席)5,910円ですが、【お先にトクだ値35】というプランを利用し、片道(普通車指定席)3,830円で購入することができました。

復路はさらにお安い金額だったので、結果的に通常料金より1人あたり往復4,290円(夫婦2人で合計8,580円)もお得に♡

関東圏内の近場の旅行でしたが、【お先にトクだ値35】を”知っている”か”知らないか”の差で、1回の旅行で8,000円以上も差が出るのです…!
8,000円あれば、宿泊先のホテルでマッサージをお願いしたり、旅行先でのレジャーをランクアップしたり、旅行の楽しみ方が増しますよね♡

新幹線指定席が最大50%オフ!

先ほどご紹介した【お先にトクだ値35】よりさらにお得なのが【お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)】。

お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)】は、ご乗車日の20日前(午前1時40分)までお申込みいただける、えきねっと会員限定、列車・席数・区間限定、インターネット予約限定のきっぷです。

発売時期や区間がかなり限定されていますが、最大50%オフで新幹線指定席を利用できるので、予定や利用駅がマッチする方は利用しなければ損ですよ〜!

えきねっとの会員登録は無料

お先にトクだ値35】や【お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)】は「えきねっと」に無料会員登録すれば誰でも利用可能です♡
ただし、切符の予約&申し込みには会員本人名義のクレジットカードが必要です。

注意点

とてもお得な切符ですが、通常の切符と利用条件が異なり、払い戻しや変更などをする際には注意が必要です。

詳しくはこちらをご覧ください。
お申込み・ご乗車にあたっての注意事項

東海道・山陽新幹線

次に東海道新幹線・山陽新幹線をお得に利用する方法をご紹介いたします。

EX早特21の料金とお得額

東海道新幹線・山陽新幹線を1番お得に利用できるのは【EX早特21】というプランです♡

21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」普通車指定席をとてもお得に利用できます。
帰省や旅行など、1ヶ月ほど前に予定が決まっている時には利用しないと損ですよ〜!

こちらが主要駅間の片道料金と、通常料金との差額(お得額)です♡

区間 料金 お得額※
東京・品川

⇔ 名古屋

8,800円

▲2,290円

⇔ 新大阪

11,000円

▲3,450円

⇔ 岡山

13,000円

▲4,340円

⇔ 広島

14,000円

▲5,080円

名古屋

⇔ 博多

13,000円

▲5,540円

※「のぞみ」普通車指定席の所定運賃・料金(通常期)との差額。
▶その他区間の料金はこちらからご確認いただけます♡

1番割引率が高い「東京・品川〜新山口」の場合、通常料金(普通車指定席)に比べて片道6,240円(約30%)も安くなります♡

EX早特21の発売期間と注意点

EX早特21】は、乗車日の1ヵ月前(10:00)から21日前(23:30)まで購入できます。

ただし、”乗車駅を朝6:00~6:59/昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席”という風に発車時間に制限があります。
また、繁忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日があります。
※平成30年度は、4月27日(金)~5月6日(日)、8月11日(土)~8月20日(月)、12月28日(金)~1月6日(日)となっています。

その他、EX早特21の詳細についてはこちらをご覧ください。

購入時に座席指定も可能

EX早特21】は、ネットでチケットを購入する際に座席も指定できます。
下の画面のように、各車両ごとに空いている座席が表示されるので、ピンポイントで座りたい座席を予約することが可能です。

最前列(1番)または最後尾列(20番)は、人の出入りが気になる方には不向きですが、足元もゆったりしているのでベビーカーをたたんで倒しておいてもあまり邪魔になりませんし、お手洗いにも近いので小さなお子様がいらっしゃる方には特におすすめです♡

1ヶ月+7日前から事前申し込み可能

新幹線のチケットは乗車日の1ヶ月前から発売されますが、【スマートEX】の会員になると、乗車日の1ヶ月+7日前から「事前申し込み」をすることが可能になります。

あくまで「申し込み」なので「確約」ではありませんが、お得なチケット(席)は数量限定で、発売日に申し込み分から順番に処理されるので、予定が早めに決まっている時は1ヶ月+7日前に事前申し込みをしておくと安心です♡

また、事前申し込みの場合、号車や列番までは指定できませんが、窓側・中央・通路側の希望は選択できるので、コンセントを利用したい場合は通路側を指定、小さな子供がいる場合などはすぐに席を立てるように通路側を指定…ということが可能です。

スマートEXの会員登録は無料

ご紹介した【EX早特21】を利用するためには、【スマートEX】の会員登録が必要です。
会員登録は無料ですが、登録には本人名義のクレジットカードが必要です。

また、交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)を登録しておけば、チケットレスで新幹線に乗車できるのでとても便利です。

※詳しい登録方法については、JR東海のサイトにわかりやすい動画があります。
※チケットレスで新幹線に乗車する方法については、スマートEXの「交通系ICカードでの乗車方法」に図解で紹介されています。

他にもお得なプランが沢山!

他にも、乗車日の3日前まで予約可能な【EX早特】や、のぞみに比べて時間はかかりますがよりお得な【EXこだまファミリー早特】など、お得なプランが沢山ありますので、予定が決まるタイミングなどに合わせて使い分けることができます♡

新幹線の車内で無料のWi-Fiを利用する方法

東海道新幹線の各駅(東京駅〜新大阪駅)では、駅の待合室などで無料のWi-Fi(JR-Central FREE Wi-Fi)を利用することができますが、これまで新幹線の車内では契約が必要な公衆無線LANしか利用することができませんでした。

しかし、2018年5月から新幹線車内で利用できる待望の無料公衆無線LANサービスが順次始まっています。
乗車時間が長い新幹線だからこそ、フリーWi-Fiが利用できるのは嬉しいですよね♡

詳細はJR東日本が発表しているこちらの資料をご覧ください。
 

まとめ

LCC参入で飛行機のチケットは値下げ競争が激化していますが、新幹線の利用者が飛行機に流れるのを阻止すべく、JRもいろいろと頑張っています♡
 
お隣の席の方はもしかしたら定価で乗車しているかもしれないわけで、”知っている”か”知らないか”の差で、こんなにもお得に新幹線を利用できる♡というお話でした。
 
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする