【子連れ旅行】那須どうぶつ王国&ホテルエピナール那須

息子が生まれてから、家族旅行は「鉄道(新幹線や特急列車)で気軽に行ける距離」「お食事は部屋出し」「個室露天風呂or貸切家族風呂がある」という3点で選んできました。
 
しかし、同じくらいのお子様をお持ちの方のブログで【ホテルエピナール那須】というホテルを知り、公式サイトの詳細ページを見ると、お値段もお手頃で、とにかく子連れに優しい♡
 
これまでの条件に当てはめると、「鉄道(新幹線や特急列車)で気軽に行ける距離」という1点しか該当しませんが、結果的にとても楽しい旅行となりました。
 
 
ということで、今回は「子連れにおすすめの那須旅行」をご紹介いたします。
スポンサーリンク
広告

【新幹線】13:12東京駅発→14:21那須塩原駅着

那須塩原駅までは、新幹線で移動しました。
 
東京駅から片道1時間ほど。
新幹線大好きな息子と外を眺めたりお話している間に到着しました。
 
渋滞も無いし、どちらかが運転で疲れる…ということも無く、遅めのお昼ご飯を食べながらのんびり移動できるので新幹線移動はおすすめです。

 
那須塩原駅⇄ホテルは専用シャトルバスで無料送迎してくださいます(要予約)。
片道30分ほどかかりますが、大型バスなので揺れは少なく快適でした。

【15:10】ホテルエピナール那須 チェックイン

ホテルエピナール那須は大きなホテルで宿泊者も多く、チェックイン開始時間と重なったこともあり、フロント前には長蛇の列…!
チェックイン手続きはすぐに終わりましたが、お部屋への案内までに結構待たされました。

案内してくださった若い女性は、良く言えばフレンドリーな方ですが、初対面でタメ語はかなり衝撃的でした…(笑)

泊まったお部屋は、広々とした休憩スペースとベッドスペースがある洋室。
段差がなくフラットなので、歩き始めたばかりの小さな子供がいても安心です。

ベッドはツインタイプでしたが、2台を合わせて、さらに手前にはベッドガードを付けてくださっていました。

お部屋にはシャワールームしかありませんが、大浴場や露天風呂があるので問題ありませんでした。

最上階で見晴らしも良かったです♡

何より子ども用グッズの充実ぶりに感動…!

ベッドガード以外にも、おむつ用のゴミ箱やおしりふき、補助便座やステップ台、子ども用の歯ブラシなどが準備されていました。

【16:00】絵本コーナーは持ち出し自由

荷物を片付け、ホテルを散策。
2階には子ども用の絵本コーナーがありました。

 お部屋に持って行ってもOKなので、3冊ほどお借りして、夕食までの間、絵本タイムを楽しみました。

【17:00】夕食は幼児も楽しめるバイキング

食事は、お部屋で本格フレンチが楽しめるプランもありましたが、今回は子連れに大人気というバイキングのプランにしました。
 
バイキング開始時間は17時〜、19時〜、それ以降…とありましたが、チェックインの時点で19時は満席だったため、17時にしました。
 
バイキングはお寿司・天ぷら・ステーキなど職人さんがその場で焼いたり揚げたりしてくださるので、作りたてを食べることができます。
 
お寿司のネタやお肉の質はバイキング…といった感じですが、食事もデザートも種類がとにかく多いです。
 
 
お食事の質にこだわりたい大人にはちょっと物足りないかもしれませんが、たくさんの種類のお料理を楽しみたい方は満足感が高いと思います。
 
そして、とにかく子連れに優しい♡
 
①子連れゾーンと非子連れゾーンに分けてくださっている
②子ども用のチェアはもちろん、バウンサーや離乳食、使い捨て食事スタイ、プラスチックマグなどが用意されている
③子ども用のバイキングコーナーがある
 
 

【19:30】無料の温水プールは大小2つ+ジャグジー

食事を終えて少しお部屋でゆっくりした後、ホテルの温水プールへ。

プールが大好きな息子は自分で水着を着て、浮き輪を被ってノリノリ~
チェックイン→プール→夕飯…という方が多いようで、この時間は貸切でした。

子ども用プールは息子の膝くらいの深さと、胸くらいの深さの2つ。
ジャグジーもあるので、体を温めながら1時間近く遊びました

夫が「この後30分くらい1人で泳ぎたい」ということで、「まだ ぷ~るする~!!」と言う息子を連れて、私と息子は温泉(大浴場)へ移動。

【20:30】温泉も子連れに優しい

温泉には小さな子どもを連れたママがたくさん♡
洗い場には、わが家でも息子が赤ちゃんの頃使っていたアップリカのバスチェアがたくさん用意されていました。

一応お風呂に入る前に息子はお手洗いでオシッコを済ませましたが、まわりも紙おむつの子がたくさんいらっしゃったので、泉質?はそういう状態だと思っていた方がいいかも…。

露天風呂もあり、息子は湯気を見て「まま みて~!ふわふわ~!」と楽しそうでした。
素敵な気付き!ということで、「湯気って言うんだよ〜。どうしてフワフワになってるのかな?」なんてお話をしながら露天風呂を満喫しました♡

【21:00】無料イベントはドリンクサービス有り

お風呂からあがり、お部屋戻る前にエントランスに飾られていた本物の【お菓子の家】で記念撮影♡
 
 
すると、これからロビーで和太鼓の生演奏が始まるということで、たくさんの方が集まってきました。
 
無料のドリンク(アルコールカクテル・ノンアルコールカクテル・ソフトドリンク)も振舞われ、ドリンクをいただきながら和太鼓の生演奏を少しだけ楽しみお部屋に戻りました。

【8:00】朝食バイキングはフレンチトーストが絶品

夕食同様、朝食バイキングもとにかく種類が豊富!

生卵に目玉焼きにオムレツ…卵食べ過ぎ!!笑
 
オムレツは高級ホテルの朝食のように、シェフが目の前で焼いてくださいます。
左上のフレンチトーストもシェフが鉄板で焼いてくださるのですが、これがすっごく美味しかった〜♡
 
個人的には夕食より朝食のバイキングの方が満足度が高かったです。

【9:10】ホテルエピナール那須 チェックアウト

ホテルエピナール那須だけでも十分楽しめましたが、せっかくなので【那須どうぶつ王国】で遊んで帰るプランにし、早めにチェックアウト♡
 
帰りも無料の送迎バスで那須塩原駅まで送っていただきました。

【11:00】那須どうぶつ王国

10:10那須塩原駅発 →11:20那須どうぶつ王国着の無料送迎バスに乗車。可愛い猫バス♡

 
那須どうぶつ王国の目玉イベント【バードショー】は迫力満点で見応え抜群〜‼︎

アルパカやラクダなど、珍しい動物もいました♡

 

お昼ご飯は入り口近くのお店でハンバーガーをいただきましたが、セットで1,000円以下なので、こういう施設の中にある飲食店としてはかなり良心的な価格設定だと思います。

 

授乳室&オムツ替えスペースはしっかり暖房が効いていたので、冬場でも安心して利用できます。

 
帰りのシャトルバスは15:45発でしたが、思いの外時間が余り…。
バスの発車時刻まで、無料の休憩スペースでのんびりさせていただきました。

【新幹線】18:02那須塩原駅発→19:16東京駅着

新幹線は余裕をもって18時台にしておいたので、1時間ほど時間がありましたが、「1時間くらいなら喫茶店で時間を潰せばいいよね〜」なんて思っていた私が甘かった…。
駅前の喫茶店は既に閉店していて、時間を潰せそうなお店はゼロ…。
 
幸いにも、新幹線の待ち合いスペース奥にはキッズスペースがあったので、ここでどうにか時間を潰すことができました。
帰りの新幹線では、栃木県限定のビールをいただきながら帰りました。

【費用まとめ】1泊2日 那須旅行

今回1泊2日の那須旅行でかかった費用をまとめました。
 
●新幹線 15,060円
●1日目お昼ご飯(スーパーで購入) 1,492円
●ホテルエピナール那須 27,692円※じゃらんポイント2,200円分使用後の実費
●那須どうぶつ王国 1,800円※メルカリで格安チケットを購入
●2日目お昼ご飯(那須どうぶつ王国) 2,120円
●その他(コンビニ) 1,029円

total 49,193円

【節約技】お得に旅行を楽しむ方法

大人2名+2歳児1名で計5万円以内。
ほんの少しの手間で、通常より1万円安く済みました。

新幹線代は「えきねっと」をチェック

東京⇔那須塩原間は片道(普通車指定席)5,910円なのですが、【お先にトクだ値35】というプランで申し込みをしたので、片道(普通車指定席)3,830円で購入できました♡

旅行や帰省などで国内を長距離移動する際の交通手段は、車・飛行機・新幹線・フェリー・高速バスなどたくさんありますが、今回は新幹線に焦点を当て、...

チケット系は「メルカリ」をチェック

那須どうぶつ王国のチケットは通常大人1名2,000円ですが、メルカリでペアチケットを1,800円で購入しました。
 
子どもの体調不良や悪天候など、前もって購入しておくデメリットもありますが「行けなかった時は仕方ない」って思えるくらいの金額だったので事前に購入しておきました。
 
テーマパークやレジャー施設のチケットなど、メルカリでは格安で購入できるものが多いので、遊びに行く予定が決まったら事前にチェックしています。

旅行中も出費のメリハリを意識する

今回、往路の新幹線で食べたお昼ご飯は、近所のスーパーで直前に購入した焼きそばやお弁当。
おやつや飲み物もスーパーで購入しました。
 
東京駅の駅弁も美味しいですが、今回は近所のスーパーでお手軽に(笑)
その分、帰りの新幹線で飲んだご当地ビールなど、その場所でしか楽しめない物を楽しむようにしています。
 
 
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする