【2019年10月幼児教育無償化】私が認証保育園をおすすめする理由

2019年10月より幼児教育・保育無償化が全面実施されます。

認可保育園では保育料が完全無償化(給食費は自己負担)となりますが、認可外保育園や認証保育園は自己負担が発生する計算となる園がほとんどだと思います。

それでもわが家はあえて認可園への転園は希望せず、卒園まで今の認証保育園でお世話になりたいと考えています。

ということで、今回は幼児教育無償化実施でも私が認証保育園をおすすめする理由を書きたいと思います。

スポンサーリンク
広告

幼稚園の無償化について

幼稚園の場合、全世帯に対し、上限25,700円が補助されます。

この記事を書くにあたり幼稚園の保育料相場を調べてみたところ、24,000円~35,000円と園によって差がありましたが、保育料が25,700円を超える場合、差額は自己負担となります。

また、保育料以外の教材費、施設整備費、冷暖房費、その他実費(遠足代や文具代など)も自己負担となります。

ただし、共働き家庭・シングルで働いている家庭が幼稚園の預かり保育を利用する場合、保育料を含めて上限37,000円まで補助されます。

認可保育園の無償化について

3歳~5歳クラスの場合、基本的に保育料は完全無償化となります。

しかし、給食費は無償化の対象外となることが決まったので、毎月7,500円(主食費3,000円+副食費4,500円)の給食費や、実費(遠足代や文具代など)は自己負担となります。
※低所得者向けに給食費を減免する措置の拡充をあわせて検討

幼保無償化、給食費は除外 19年10月から実費徴収(日本経済新聞/2018年11月9日)

認可外保育園・認証保育園の無償化について

認可外保育園・認証保育園の場合、共働き家庭・シングルで働いている家庭に対し、上限37,000円が補助されます。

息子が現在通っている認証保育園の保育料は、3歳~5歳クラスの場合、月額52,500円(週4日/1日10時間)~月額86,500円(週6日/1日13時間)となっています。

補助金の上限額が37,000円なので、完全無償化にはなりません。
息子が通っている保育園の場合、1番安いプランで15,500円の自己負担となります。

余談ですが、最初に通っていた無認可保育園は1ヶ月160時間コースで77,500円でした(0歳児クラス)。

実はお得!認証保育園をおすすめする理由

週5日通うことができるコースの中で、認可保育園の標準時間(1日11時間)と同じプランの場合、月額68,600円になります。

37,000円の補助金を差し引くと、自己負担は31,600円。
認可保育園の給食費7,500円との差額は24,100円です。


24,100円の差額は私には大きな差額に感じますが、毎日幼児教育の時間があったり、毎週専門の講師を招いて体操や英会話をする時間があるので、総合的に考えるとむしろお得なのです♡

・幼児教育→習い事としてお教室に通った場合/月額20,000円前後
・体操教室→習い事としてお教室に通った場合/月額5,000円前後
・英会話教室→習い事としてお教室に通った場合/月額7,000円前後
・その他→食育、絵画、リトミックなど

遠足代や文具代などの実費徴収もなく、これらも保育料に含まれています。
給食とおやつは毎日手作りで、栄養バランスが整った食事やおやつをいただけます。

働き方を変えれば認可外でも負担は軽減

私は失業を機に働き方を変え、現在は派遣で週4日×1日7時間、事務のお仕事をしています。

以前こちらの記事で私の転職事情について書きました。 あれから約2ヶ月。 働き方を”扶養内のパート”に変えたものの、106万円の壁に躓...

わが家が利用している最安プラン(週4日/1日10時間/3~5歳児クラス)は月額52,500円なので、補助金37,000円を差し引くと自己負担額は15,500円。
認可保育園との差額は8,000円となります。

月8,000円の差額で、先ほど述べたメリットの恩恵を受けることができます。


派遣社員なので賞与はありませんが、6ヶ月継続して勤務すれば有給休暇はいただけます。

私はとても良い職場(派遣先)に恵まれ、息子が水ぼうそうになった時には上司や先輩の優しさに救われました♡

1歳半から保育園に通い始め、ウイルス性胃腸炎、アデノウイルス、手足口病etc…1年くらいは常に感染症や風邪を繰り返していた息子。 まさに保...

認可外保育園の場合、働き方を変えることで保育料の負担を軽減させることも可能です。

認可外保育園と認証保育園は下調べが重要

認可外保育園や認証保育園には、独自の保育内容やサービスを取り入れた特徴のある園が多くあります。

江戸川区の認証保育園「仲よし保育園グループ」や、港区の認可外保育園「まほうの保育園」などは有名ですが、保育園によって保育内容の差が大きいのも事実なので、事前にしっかりリサーチしておくことをおすすめいたします♡

認可外保育園や認証保育園は「料金が高いこと」に加え「園庭が無いこと」もデメリットとしてあげられますが、息子が通っている保育園では近くにある複数の公園へ毎日遊びに行くので、2歳児クラスでも簡単な交通ルール(横断歩道の渡り方など)を習得していて驚かされました。

また、雨の日は教室で平均台や跳び箱などを使用したサーキット遊びをして体を動かしているそうです。

夏場のプール遊びがビニールプールであること以外は、デメリットをメリットに感じさせるだけの努力をされているな~と感じています♡

まとめ

自己負担が発生しても、認可外保育園や認証保育園に通うメリットはたくさんあります。

ある方のブログ記事で、「認可保育園は福祉施設。認可外保育園はサービス業。」という言葉を見て、私はすごく納得しました。
息子を認可保育園に通わせたことはないので比較はできませんが、認証保育園のきめ細かなサービスには本当に驚かされます。

3歳児クラスになるのを機に幼稚園や認可保育園に転園させることを考えたこともありますが、転園させることで新しい環境に馴染むまでの息子のストレスを思うと、大好きな先生方の元で卒園まで過ごすことができたら良いな~と考えるようになりました♡

無償化で出費が抑えられる分は、将来のためにしっかりと貯金しておきたいと思います。

関連記事

2001年に国が「待機児童ゼロ」を打ち出して約17年が経ちましたが、待機児童問題は今も深刻です。 特に都心とその郊外の待機児童問題は深刻で...
無事に保育園の入園が決まった皆様、おめでとうございます♡ 今は不安と期待が入り混じる毎日だと思います。 慣れるまではママも子ども...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする