Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【費用まとめ②】転院先の総合病院の初診〜入院手続きにかかったお金

体調不良から婦人科(クリニック)を受診し、子宮頸がんの精密検査を受け、紹介状をいただくまでの記録と費用についてはこちら。

2019年春、子宮頸がんの検査に引っかかり、子宮頸部円錐切除術を受けることになりました。 診断を受けた直後は”検索魔”となり、たくさんの方...
前回の記事では、体調不良から婦人科(クリニック)を受診し、子宮頸がんの精密検査を受け、紹介状をいただくところまで書きました。 数年前か...

今回は、総合病院に転院後、初診〜入院手続きまでにかかった費用をまとめたいと思います。

子宮頸がんの精密検査を受けた結果【CIN3(高度異形成〜上皮内癌)】と診断されたため、紹介状をいただき、クリニックから総合病院に転院しました...
スポンサーリンク
広告

【2019年4月15日】14,720円

初診でかかった費用(自己負担/3割)は14,720円でした。

この日は、エコー・子宮頸がんの細胞診検査(再検査)の他、入院前の検査として、放射線撮影・採血・採尿・心電図がありました。

【2019年4月25日】220円

子宮頸がんの細胞診検査結果を聞きに行った際にかかった費用(自己負担/3割)は、220円でした。

この日は、入退院センターで入院の説明や薬剤師さんとの面談等もありました。

かかった費用まとめ

総合病院に転院後、ここまでにかかった費用は計14,940円でした。クリニックの費用 計15,170円と合わせると計30,110円です。

総合病院はクレジットカードで支払いができるところが多いですが、不安な場合は事前にクレジットカード支払いが可能か電話で問い合わせをしておくと安心です。

薬局は【EPARKくすりの窓口】でクレジットカード対応の薬局を探すことができます。
EPARKくすりの窓口は、処方箋の写真を送っておくだけで待ち時間無しでお薬を受け取ることができる便利なサイトです♡

入院(手術)の記録とかかった費用は、退院後、体調が落ち着いたら記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする