Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【幼児教育無償化】認証保育園の保育料決定!負担内訳を公開

以前、幼児教育無償化と認証保育園の魅力について記事にしました。

2019年10月より幼児教育・保育無償化が全面実施されます。 認可保育園では保育料が完全無償化(給食費は自己負担)となりますが、認可外保育...

認証保育園の保育料や保育料の決め方は園によって異なりますが、息子が通う保育園の場合、「週何日」×「1日何時間」の契約にするかで保育料が変わります。
また、0歳クラス〜2歳クラス/3歳クラス〜5歳クラスでも料金が変わります。

今回は、幼児教育無償化実施後の保育料の内訳について書きたいと思います。

スポンサーリンク
広告

【保育料】2019年9月まで

認証保育園の保育料は認可保育園に比べて高いと言われていますが、認証保育園に通う世帯に対する補助金が出る自治体も多く、実際の負担金額は少し安くなります。

ただし、補助金の金額は自治体によって大きな差があり、我が家が住む自治体は子供1人に対して一律10,000円/月となっていますが、補助金が出ない自治体もあれば、上限金額を80,000円としている自治体もあります。

〜我が家の場合〜 ※給食費や諸経費を含む

【週4日×1日10時間】52,500円→実質負担額42,500円

【週5日×1日10時間】65,600円→実質負担額55,600円

【保育料】2019年10月から

では、幼児教育無償化が始まるとどうなるのか?
先日自治体から通知と必要書類が届いたので、保育園にも確認し、10月以降の実質負担額を計算してみました。

ちなみに、我が家は”住んでいる自治体”と”保育園がある自治体”が異なるため、自治体から直接郵送で書類が届きましたが、保育園がある自治体に住んでいらっしゃる方は保育園経由で書類をいただいていたようです。

〜我が家の場合〜 ※給食費や諸経費を含む

【週4日×1日10時間】52,500円→実質負担額6,000円

【週5日×1日10時間】65,600円→実質負担額8,600円

「あれ?幼児教育無償化って認可外保育所の場合、最大で37,000円の補助でしょ?!計算間違っているんじゃない?!」とお気付きの方もいらっしゃるかと思います。

実は、我が家が住んでいる自治体の場合、認可外保育所は国の制度37,000円に上乗せして、自治体独自の補助が20,000円出るため、最大57,000円の補助となります。

このように”自治体独自で上乗せ補助を実施します”としている区市町村もあるので、未就学児のお子様をお持ちで、今後転居の予定のある方は各自治体の制度についても調べておくと良いと思います。

【認証保育園】保育料と給食費の内訳

息子の通う認証保育園の場合、給食費や諸経費を含んだ総額での保育料表記となっています。
そのため、幼児保育無償化の対象となる保育料がいくらで、対象外となる給食費がいくらなのかは保育園に確認しなければ分かりませんでした。

週4日〜週6日の間で必要に応じた契約を交わすため、現在の週4日契約の場合と、以前(私がフルタイムで仕事をしていた時)の週5日契約の場合で、保育料や給食費がいくらになるのか園長先生に確認しました。

週4日×1日10時間の場合

週4日×1日10時間の場合、総額表記は52,500円となっており、その内訳は以下のようになっていました。

・保育料         46,500円
・給食費(おやつ代を含む)  6,000円

幼児保育無償化の37,000円も自治体独自の補助20,000円も”保育料”にのみ適用されるため、週4日×1日10時間の場合は、保育料46,500円が全額無料となり、給食費(おやつ代を含む)のみ自己負担となります。

週5日×1日10時間の場合

週5日×1日10時間の場合、総額表記は65,600円となっており、その内訳は以下のようになっていました。

・保育料         58,100円
・給食費(おやつ代を含む)  7,500円

週5日×1日10時間の場合は、保育料58,100円のうち57,000円が補助対象となり、残りの保育料1,100円+給食費(おやつ代を含む)7,500円=8,600円のみ自己負担となります。

※息子の通う保育園ではもともと諸経費等の請求はありませんが、保育園によっては父母の会の費用など別途徴収がある園もあるようです。

保育園の給食費について

現在の保育園にお世話になって3年目ですが、給食費がいくらなのか今回初めて知りました。
同じように10月以降(幼児保育無償化適用後)の認可保育園の保育料について公開されていらっしゃる方のブログを拝見したところ、やはり主食費+副食費で7,500円だったので、保育園では週5日契約の場合この金額が基準となりそうです。

1日あたり375円で栄養バランスの良い手作りの給食やおやつをいただけるなんて、本当に有り難いお話です。

【幼児教育無償化】保育日数の変更について

幼児教育無償化が始まる2019年10月以降、息子が通う保育園×我が家が住む自治体の場合、実質負担額は週4日契約で6,000円、週5日契約で8,600円となるため、その差はわずか2,600円。

正直なところ、転職後は私の仕事の都合や保育料の負担の関係で週4日契約にしていたのですが、今後は小学校進学後のことを見据えて「週5日(月曜日〜金曜日)は保育園に行く」という習慣をつけたいと思っていたので、10月以降は週5日の契約に戻しました。

派遣社員として働きはじめて1年が経ちました。 失業~再就職までのお話はこちら↓。 今回は、私の現状を含め、派遣社員として実際...

ただ、私の仕事はまだ週4日契約が続くため、週1日は副業や資格取得の勉強の時間にあてたいと考えています。

※幼児教育無償化において、認可外保育所に通う世帯の場合、保育の必要性の認定を受ける必要があり、該当項目が”就労”の場合、”実働月48時間以上の就労が常態であること”が基準となっています。
認可外保育所は保育理由を問われませんが(仮に夫婦どちらかが無職でも入所可能)、幼児教育無償化の対象になるためには所定の書類(就労証明等)の提出が必要になります。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする